税務署の調査や対応が心配

税務調査がいつ来ても問題ないように、
日頃からしっかりと準備しておきましょう。
税務調査は、調査対象となる方に事前に連絡が来るのが通常です。しかし、「脱税などの疑いがある」「現金で商売をしている」という場合、事前に通知すると実態が掴めなくなる恐れがあることから、予告なしに税務調査を実施することもあります。
そもそも税務調査とは?
税務調査とは、国税庁や国税局、国税事務所、税務署、税関が行う、納税者の申告内容を確認する調査のこと。納税者の同意のもとで行う「任意調査」と、令状を持って強制的に行う「強制調査」の2種類があります。

日頃からできる対策は?

税務調査対策は、経理における日々の積み重ねが大切です。売上や経費の処理をきちんと行い、正しく税務処理をしていれば慌てることはありませんが、なかなか完璧にはいかないものです。下記のチェックポイントを参考に、確認してみましょう。

売上計上

  • 確実に売上が管理されており、請求漏れはないか?
  • 取引先から入金があった際、適切な経理処理がなされているか?
  • 決算期末では帳端分の計上漏れはないか?
  • 発行した領収書と売上計上は照合済みか?

仕入・外注費

  • 仕入・外注費の証票類はきちんと保存されているか?
  • 支払先から届いた請求書の内容に訂正が発生した場合は、必ず支払先に訂正した請求書の発行を依頼しているか?

棚卸計上

  • 社外や仕入先の預け在庫を含めて、日常的に管理しているか?
  • 廃棄した在庫の廃棄記録を作成しているか?

一般経費

  • 個人的な支出と誤解されやすい経費は、帳簿の備考欄に支出内容を記載しているか?
  • 一般管理費の証票類をちゃんと保存しているか?
  • 旅行規程の作成を含め、旅費精算は正しいか?
  • アルバイトなどの勤務状況を記録し、資料を作成しているか?

税務署は申告の「ココ」を見ている

  • ・書類上の数字に整合性が取れているか?
  • ・申告書の数字に不自然な点はないか(申告書の所得で生活ができるか?)
  • ・特に業種ごとに粗利益率や営業利益率、流動経費の割合が不自然ではないか?
  • ・調査などで回ってきた資料が申告に反映されているか?

など

もしも税務調査が来たら…?

冷静に “普段通り”の対応をする
何も特別なことをする必要はなく、普段通りに対応しましょう。
聞かれた質問に答えるようにする
何か質問された際は、ちゃんと回答するようにしましょう。
わからないことはその旨を素直に告げる
不明な点や曖昧な点は無理に答えようとせず、後日確認してから回答してもよいです。

やっぱりひとりで対応するのは無理があります。

日常の準備がきちんとできていても、正しい知識がないこともあり、遠慮なく自分の話をするのはなかなか難しいものです。
ティグレグループでは、事前に専門の税理士に心配な点などをありのままにお伝えいただき、安心して調査に臨んでいただくことが、最も重要だと考えています。
日頃から安心してご相談いただけるよう、専門の税理士がサポートいたします。